Hubei

三峡の自然と文化の旅
神農架の魅力

湖北

【湖北のグルメ】

漢方を使った体に優しい神農架の料理。 湖北省の伝統料理を堪能しよう。

神農の宴

 神農架林区には薬膳を研究する拠点があり、優れた技術と職人精神を持つエリートチームがいます。チームは薬膳について研鑽を積む一方で、普及活動にも積極的に取り組んでいます。長年にわたり、神農の薬膳は全省ないし全国でかなりの社会知名度を持ちつつ、評判を集め、完成度の高い料理システムがを形成さしています。

別有真香
 中国語のスッポンの発音「ビエ」と「別」の発音「ビエ」が似ていることから、この名がつけられました。お茶で味付けたうずらの卵と、真香茗という茶の枝を加えるのが特徴です。
金茶引鳳
 黄金茶は「金色の梧桐(アオギリ)」を表し、若鶏は「梧桐に誘われて飛んで来た鳳凰」を表します。
魚料理
 魚の腹に山で摘んだばかりの茶葉を詰めて、弱火で5分ほど煮込んで出来上がり。お茶の香りが漂う一品です。

【湖北の見どころ】

知音号

 豪華客船が丸ごと劇場になっており、最新技術を取り入れた舞台装置を駆使して臨場感あふれる舞台を楽しむことができます。スタッフがチャイナドレスを着ていたり、中華民国時代のポスターが貼ってあったり、百年前にタイムトリップしたような空間になっています。

神農壇風景区 

 古老物園では、珍しい植物が見学できます。樹齢1200年を超える千年杉は神樹とされ、大人が5~6人でようやく抱えられるほどの太さがあります。祭り広場は神農(中国古代神話上の帝王)を祀っています。