トップページ » 最新のお知らせ » 2014年 » 【活動報告】シルクロード観光プロモーション会 大阪で開催

【活動報告】シルクロード観光プロモーション会 大阪で開催

2014年12月18日 リーガロイヤルホテル大阪にて、2015中国シルクロード観光年プロモーション会を開催しました。

2014年6月に行われた第38回世界遺産委員会で、中国/カザフスタン/キルギスの三カ国が共同で申請していた「シルクロード」と、北京と浙江省を結ぶ「大運河」が世界遺産登録され、中国の世界遺産数は全部で47か所、世界第二位となりました。

中国の習近平国家主席はシルクロード経済圏の構想を提唱しております。この構想は、陸と海の2つがあり、中国を起点に中央アジアから欧州に至る「シルクロード経済圏(ベルト)」と、中国沿岸部からアラビア半島までを結ぶ海上交通路「21世紀の海のシルクロード」を指します。両者をまとめて「一帯一路」と呼び、促進の加速を強調しています。

 これを受け中国国家観光局では、2015年観光テーマを“麗しい中国”-2015年中国シルクロード観光年と決定しました。日本の皆様にもなじみの深いシルクロードをキーワードに、2015年の観光テーマのもとに、西日本地区の旅行業界、航空業界、友好団体及びマスコミ関係の皆様と手を携え、両国の信頼関係と両国のツーウェーツーリズムの観光交流が一日も早く回復するよう努力して参ります。

シルクロードの魅力をPRする中国国家観光局大阪駐在事務所 所長(首席代表) 武月中



ご来賓ご挨拶:一般社団法人日本旅行業協会関西事務局 事務局長 角倉洋介様


ご来賓ご挨拶:大阪観光局 局長 加納國雄様


ご来賓ご挨拶:中華人民共和国駐大阪総領事館 副総領事 王軍様


中締め:国連世界観光機関アジア太平洋センター 代表 浅沼 唯明様
シルクロードと正倉院宝物の関係についてお話くださいました。






ページの先頭へもどる