トップページ » 名所一覧 » 南京-明の城壁と中華門

建造物南京-明の城壁と中華門

南京-中華門
南京-明城壁

城壁は、明の朱元璋が21年の歳月をかけて完成させました。全長は35キロ。街の北にある玄武湖を縁取り、東の紫金山の裾野をなぞって、地形を生かし作られています。当時の3分の2以上の部分が今もその姿を留めています。中華門は約120m四方の堅固な楼閣といった印象で、門の中に4つの門が連なり、味方の兵3000人がここに控え、食料を備蓄して敵の侵入を阻みました。巧みな設計と堅固な美しさは、見る者を圧倒します。


名所で中国を旅する

地図で中国を旅する

世界遺産で中国を旅する


ページの先頭へもどる