トップページ » 最新のお知らせ » 2016年 » 国家観光局「2015年の中国観光業10大ニュース」を発表

国家観光局「2015年の中国観光業10大ニュース」を発表

国家観光局は「2015年の中国観光業10大ニュース」を発表しました。

元のニュース  2015年12月23日

チャイナネット 2015年12月24日

1、習近平国家主席が中国全土の「トイレ革命」推進を指示

「中国観光515戦略」の重要措置となる「トイレ革命」が、都市・農村公共サービスの2015年の観光インフラ・文明・民生プロジェクトとして進められた。2015年からの3年間に、中国全土で5万7000カ所のトイレを新築・改築する。


2、観光業のGDP貢献率が10%超える、就業者数も全体の10%に

2015年、中国国内旅行者数は延べ40億人超、観光収入は4兆元超、海外旅行者数は延べ1億2000万人に上り、国内旅行者数、海外旅行者数、国内旅行消費額、海外旅行消費額はいずれも世界トップとなった。世界旅行ツーリズム協会(WTTC)によると、中国観光業の国内総生産(GDP)に対する貢献度は10.1%に達し、教育、銀行、自動車産業を上回る。中国国家観光データセンターは、観光業の就業者数が全就業者数の10.2%を占めるとしている。

3、3000人の日本使節団訪中 習近平国家主席が中日友好交流大会でスピーチ

習近平国家は5月23日、中国人民大会堂で開かれた中日友好交流大会でスピーチを行った。二階俊博自民党総務会長が率いる3000人の日本使節団による訪中は、観光が民間コミュニケーションの増進、民衆感情交流の促進、政府外交サポートの役割を果たせることを示した。


4、韓国で「中国観光年」 閉幕式に習近平国家主席が祝辞

韓国で行われた「中国観光年」の閉幕式に、中国の習近平国家主席と韓国の朴槿恵大統領が祝辞を送り、中国の李克強総理、韓国の鄭義和国会議長が出席した。2015年は「中国観光年」として、中国側が120件を超えるイベントを行い、中国と韓国を行き来した旅行者が延べ1000万人を突破。


5、7月28日、李克強総理の主宰する国務院常務会議が「観光投資・消費の促進に関する若干の意見」を承認 初の観光投資促進計画が打ち出される





6、「一帯一路」構想実行 シルクロード観光年が開催される




7、中国当局が「観光+」行動計画を発表 経済成長の新たなエネルギーを育成へ

観光業の総合的な牽引力、融合機能を十分に発揮させ、関連産業を発展させるために観光プラットフォームを提供。「観光+インターネット」行動計画にもとづき、向こう5年間に1兆元の需要、1兆元の市場、1兆元の付加価値を創造する。観光業の発展に向け、新型都市化、新型工業化、情報ネットワーク化、農業先端化、エコ化を進める。

8、観光客のマナー違反記録、マナー遵守を強化




9、国家5A級観光地の“終身制”打ち破る 動的管理システムを活性化




10、農村観光で1000万人の脱貧困目指す 観光業が低所得者支援の主力に

「中国網日本語版(チャイナネット)」2015年12月24日



ページの先頭へもどる