トップページ » 最新のお知らせ » 2012年 » 【ニュース】北京市・上海市 72時間以内滞在の外国人ビザ免除

【ニュース】北京市・上海市 72時間以内滞在の外国人ビザ免除

 国務院はこのほど、北京・上海口岸トランジットビザ免除政策を正式に承認した。
ここで言う「トランジットビザ免除」は、外国人が、入国に関する法律・規定に基づき、ある国から通過国を経由して第三国に向かう場合、通過国のビザ申請・取得が免除され、その通過国で短期間、ノービザで滞在できる措置を指す。
これまで上海では、一部国家の旅客を対象として、2空港間の乗り継ぎの便宜を図るため、滞在48時間以内のトランジットビザ免除措置が適用されていた。

 

 北京市と上海市が来年から実施する滞在72時間以内のトランジットビザ免除措置の対象となる国は次の通り。

 オーストリア、ベルギー、チェコ、デンマーク、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、ハンガリー、アイスランド、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルク、マルタ、オランダ、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、スロヴェニア、スペイン、スウェーデン、スイス、ロシア、英国、アイルランド、キプロス、ブルガリア、ルーマニア、ウクライナ、米国、カナダ、ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、チリ、オーストラリア、ニュージーランド、韓国、日本、シンガポール、ブルネイ、アラブ連合共和国、カタール。

 

 これら45カ国の国民は、有効なパスポート、中国入国前の滞在国のビザ、72時間以内に中国を出国する日程の予約済み航空券またはそれに代わる証明書を所持しており、指定の北京・上海の空港(首都国際空港、浦東国際空港あるいは虹橋国際空港)で第三国(地域)に向かう航空機に乗り継ぎをする場合は、トランジットビザ不要で、北京・上海行政管区内における72時間以内の滞在が認められる。

2013年1月1日より適用される



ページの先頭へもどる