世界遺産登録:1992年武陵源
ぶりょうげん

世界遺産 張家界ロープウェイ
世界遺産 張家界
世界遺産 張家界-天子山
世界遺産 張家界
世界遺産 武陵源
世界遺産 武陵源
世界遺産 武陵源
世界遺産 百龍天エレベーター
世界遺産 張家界-金鞭渓
世界遺産 武陵源

武陵源は張家界とも呼ばれ、湖南省の西北部に位置する壮大なカルスト地形の奇観で、総面積は369㎢、張家界国家森林公園、索渓峪自然保護区、天子山自然保護区の三つの風景区で構成され、楊家界、袁家界などの景勝地を含む。「奇峰、奥深い谷、秀水、深い林、鍾乳洞」に代表される国家5A級の観光地。地元、土家族の風情も際立っている。
地殻変動と浸食によって生まれた3000 本以上の石柱が立つ張家界国家森林公園。石の柱は珪岩でできていて、その高さは300mにもなる。標高1200mの黄石寨(こうせきさい)山頂へはロープウェイが整備されているので、気軽に観光を楽しむ事ができる。映画アバターの撮影地として更に有名になった。エコバスで保護区の見どころをまわり、大自然の景色を堪能した後は、高さ326mから屋外エレベーターで一気に地上へ帰る。索渓峪自然保護区は森林の中から石柱を見上げながら幻想的な川沿いを散策できる。植物層も豊かでトレッキングコースにもなっている。

武陵源には地殻形成の過程でできた規模の大きな鍾乳洞が40近く発見されており、代表的な黄竜洞は洞床の総面積は10万k㎡、全長は7.5km、垂直の高度は140mもあり、規模、鍾乳石の数、形の珍しさは国内外の鍾乳洞の中でも特筆される。



ページの先頭へもどる