トップページ » 中国旅行の基礎知識 » 中国料理について

中国料理について

中国料理はフランス料理、トルコ料理と並び世界3大料理とも言われる。長い発展過程において、絢爛豪華な文化が内包され、しっかり確かな技術基礎を築き上げてきた。またいろいろな地方料理、特別料理と地方特有の軽食は観光客を惹き付けている。

特徴ある地方料理

山東・四川・淮揚・広東料理を4大料理、それに海鮮を主としてさっぱり仕上げた福建料理、コクのある浙江料理、辛い湖南料理と濃い味の安徽料理を加えて8大料理、さらに北京料理上海料理を加えて10大料理という。

特徴ある地方料理

宮廷料理

宮廷料理

宮廷料理は皇帝の食事で、食材の選択、季節性を大切にし、繊細な包丁さばきを重んじる。料理名も詩や絵画の境地を表したものが多く、色・香・味・形・器にもこだわり、食べ方も特別。

精進料理

精進料理は青野菜、果物、キノコ、大豆の加工食品をメインにした料理で、栄養豊富で、消化によく、癌などを防ぐ効果があるとも言われている。また形や味を似せて肉もどき料理を作ることもできる。

精進料理

イスラム料理

イスラム料理

イスラム料理(清真料理)とは、豚肉や魚介類を一切つかわない回族やムスリムの料理のこと。羊肉や香辛料を多用するこの料理は一般の方にも人気があり、中国各地に庶民的なレストランがある。

薬膳料理

薬膳料理

薬膳料理は中国料理の達人たちが伝統医学・薬学の理論を参考に、合理的な調理によって作り出したヘルシー料理。

地方料理

地方料理

また地方特有の軽食も多種多様で、地域による風味を持つが、手軽で食べやすい。南方の軽食は米、北方は粉をメインとしたものが多い。 近年、ファーストフード産業も急ピッチで発展し、中国風の軽食以外にもマクドナルド、ケンタッキーフライドチキン、ピザハット、吉野家などの外国ファーストフードチェーンがますます増えてきている。



ページの先頭へもどる