山西省

面積 約15.63万㎢
省都 太原市
人口 3,571万2,111人
主な特産品 刺繍・切り絵などの民間工芸品、山西の瑠璃、平遥の推光漆器、漢方生薬、汾酒、黒酢
地域の概要 黄河の中流域、黄土高原の東に位置し、太行山の西にあることから山西省と呼ばれます。中国史の伝説時代、尭、舜、禹の三皇帝が都を置いたといわれる歴史のスタート地点。春秋戦国時代に晋の領地に属したため、別称が「晋」となっています。
気候 冬は寒さ厳しいですが、春に暖かくなるのは速いです。夏は比較的涼しく猛暑にはなりにくい。一年の気温差、一日の気温差は大きく、変化が速く、一年を通して乾燥しています。
食文化 麺類が主食です。麺の形も多種あり、料理方法も様々です。代表な物のひとつに刀削面があります。また山西料理には必ず黒酢がつきもの。くるみ、栗、ナツメなどの果物がよく採れます。
主な観光名所 雲岡石窟五台山平遥古城長城応県の木塔恒山の懸空寺、大同九龍壁、祁県の喬家大院、晋祠、黄河の壷口瀑布、運城観光区の関帝廟
関連サイト  太原旅遊信息網(中国語)
 大同旅遊網(中国語)


ページの先頭へもどる