陝西省

面積 約20.56万㎢
省都 西安市
人口 3,732万7,378人
主な特産品 皮影絵、唐三彩、ザクロ・くり・胡桃、ナツメ、トウガラシなど  
地域の概要 中国の内陸部、黄河中流域に位置し、北部は黄土高原にまたがっています。かつて13の王朝が都を置き、都城としての歴史は通算すると1100年以上に及びます。「長安」(現在の西安)は日本からの遣隋使・遣唐使が目指した都で、平城京(奈良)や平安京(京都)のモデルとなりました。西安の他にも咸陽、延安、楡林、韓城、漢中などは代表的な歴史文化の名城です。西安はシルクロードの起点で歴史文化の蓄積が厚く、古代ロマンが息づいています。
気候 四季があり、年間通して降水量は少なく、昼夜の寒暖差が大きい。 夏のシルクロードは40℃近い猛暑になることも。ただ、砂漠性気候の特徴で夜はぐっと気温が下がります。冬の空気は乾燥し、気温もかなり低くなります。
食文化 エキゾチックな雰囲気の麺食圏。伝統的な軽食は羊肉泡(食+莫)で一口大にちぎったナンに、羊肉と春雨の熱々スープをかけたもの。小籠包のシルクロード版「灌湯包子」や、チャイニーズバーガー「肉夾(食+莫)」も人気。ムスリムのレストラン清真料理の店が多いですが、もちろん一般客も食事ができます。地域の特性を生かして、唐代宮廷料理の再現や餃子づくしを体験できるレストランがあります。
主な観光名所 秦の始皇帝陵と兵馬俑大雁塔と小雁塔西安碑林博物館西安市城壁、阿房宮、陝西歴史博物館大唐芙蓉園華清池、皇帝の陵墓、清真大寺と化覚巷、半坡遺跡、法門寺、華山、諸葛亮最後の戦場「五丈原」皇帝陵墓(漢の高祖劉邦の長陵、漢の武帝の茂陵、唐の高祖の献陵、唐の太宗の昭陵、唐の高宗乾陵など)、唐三彩
関連サイト  陜西省旅遊局官方網(中国語)


ページの先頭へもどる