江蘇省

面積 約10.26万㎢
省都 南京市
人口 7865万9903人
主な特産品 蘇州のシルク・刺繍、白檀扇子、無錫の泥人形、宜興の紫砂陶磁器、南京の雲錦、揚州の玉彫り、漆器、 常熟のレース編みとマホガニー家具、鎮江の灯籠、南通のろうけつ染、連運港の貝殻彫刻、水晶細工
地域の概要 上海の北西、長江と淮河の下流、黄海に面する沿海都市。河川や運河が縦横に走り、湖が点在する実り豊かな地域で、古くから「魚米の里」の別名が知られています。現在でも経済的に発展し、日系始め海外企業の進出も少なくありません。一方で江南の水郷地帯独特の古い町並みが多く残っています。
気候 日本と似た気候で、夏は蒸し暑く、冬はさほど厳しくありません。春は「江南の春」という言葉もあるように、一年で最も美しい季節です。6月くらいから梅雨に入ります。
食文化 江蘇省の淮揚料理は中国四大料理の一つです。原料の選別は厳しく、つくりは緻密、素材の特徴を生かした調理法で、四季折々の旬の味に仕立てます。他に南京、蘇州、無錫料理があります。
主な観光名所 【蘇州市】蘇州の古典庭園、盤門景区、虎丘、周荘・同里、寒山寺【南京市】明孝陵(明・清王朝の皇帝陵墓群)、中山陵、秦淮河明代城壁、無錫市、宜興市、揚州市、鎮江市、昆曲(無形文化遺産)
関連サイト  江蘇省旅遊信息網(中国語)
 蘇州旅遊資汛網(中国語)
 古典的な蘇州(日本語)
 無錫旅遊信息網(中国語)
 無錫観光ネット(日本語)
 揚州旅遊網(中国語)


ページの先頭へもどる