河南省

面積 約16.7万㎢
省都 鄭州市
人口 9,402万3,567人
主な特産品 開封刺繍、南陽玉彫り、洛陽の唐三彩、鈞磁、信陽毛尖茶、牡丹の花
地域の概要 黄河中下流に位置します。夏から金の時代にかけて20の王朝が河南域内に都を置きました。なかでも安陽、洛陽と開封は主要な歴史文化都市で、古代に栄えた経済と燦然たる文化遺跡が豊富に残っています。河南省で現在までに発掘された旧跡は価値のあるものだけでも2万8000か所、文物は130万点以上が出土しています。2009年末に三国時代「魏」の曹操の墓が発掘され話題になりました。 また周易八卦はこの地で生まれ、中国人の姓のうち1500以上がここに源をもつといわれており、中華民族のルーツとも言える地域です。
気候 四季がはっきりしていて気候は温和ですが、寒暖の差が激しい大陸性気候です。降雨は7,8,9月の3ヵ月に集中していて、春秋はさわやかで旅行にはよい季節です。
食文化 河南省の料理は豫菜と呼ばれ、酢をよく使い、醤油をあまり使わないので、食材の色が生かされ、薄味なものが主流です。素材の味を大切にして、少し酸味をきかせ、青椒肉絲などのように細かく切って調理するのが特徴で、日本人の口にも合いやすいと言えます。また河南省の名物料理は「水席」です。乾燥地帯の為、水分補給を目的として創られた、スープをメインとしたコース料理です。軽食では「胡辣湯」が知られます。
主な観光名所 龍門石窟「天地の中」歴史建築群(少林寺)殷墟、鄭州市の鼓楼、白馬寺、関帝廟(関林)古墓博物館、鄭州国際少林寺武術祭 9月、洛陽牡丹花見祭、4月 開封市、黄河観光
関連サイト  河南省旅遊資汛網(中国語)
 河南の旅行(日本語)
 開封旅遊網(中国語)
 鄭州市旅遊局(中国語)


ページの先頭へもどる