トップページ » 主要都市 » 黒竜江省

黒竜江省

面積 約45.39万㎢
省都 ハルピン
人口 3,831万2,224人
主な特産品 東北三種の宝(薬用人参・ミンク・鹿の角)、工芸美術品、キクラゲ、ハルピンソーセージ、東北虎
地域の概要 中国最北端の省で、ロシアと国境を接します。省内を流れる最大の川の名称「黒龍江」がそのまま省の名になりました。縦横に流れる松花江、大・小興安嶺と起伏する丘陵、果てしない平原と草原、山々を覆う森林、火山地形など、豊かな自然に恵まれ、夏は避暑地としても訪れる人が多い。冬は世界三大祭りの一つ、豊富な雪と氷を利用した国際氷雪祭りが毎年開催され、人気を博しています。
気候 5月頃から初夏の陽気となります。 夏の暑い日は短く、9月から急に寒くなりますが、気温は低くとも爽やかな旅行シーズンです。冬は地域によっては-30℃以下になることもありますが、スキーや氷雪観光に最適な快晴が多いです。
食文化 鹿の肉やキノコを使った自然派の料理が好まれます。ロシア文化が入っており、異国情緒あふれる建築様式だけでなく、ワインやソーセージなど、食にも大きな影響を与えています。
主な観光名所 聖ソフィア大聖堂、中央大街、太陽島、氷雪大世界、松花江、牡丹江、鏡泊湖、亜布力スキー場、ハルピン国際氷雪祭り
関連サイト  ハルピン国際氷雪祭り(中国語)


ページの先頭へもどる