河北省

面積 約18.77万㎢
省都 石家荘市
人口 7,185万4,202人
主な特産品

曲陽の石彫刻、唐山の陶磁器、金絲掛け絨毯、モモ・クリ・ナシ・ナツメ・マッシュルームなど

地域の概要 河北平原の北部に広がる中華民族発祥地の一つです。文物旧跡が数多く、中国雑技や中国武術の故郷といわれています。河北省では気功や太極拳、薬膳が好まれ、平均寿命が全国平均より長い。また臨済宗の総本山があり、ここから広く日本や韓国に伝わりました。
気候 半湿潤乾燥の大陸性モンスーン気候に属し、四季がはっきりして、昼夜の寒暖差が大きい。四方を山で囲まれており、同緯度の他の地域よりは気温が高いですが、冬は蒙古高原からの寒流が流れ込むため寒冷。夏は涼しく猛暑になることがほとんどないため、北京などから避暑地としてよく利用されます。秋は草原の景色が美しく観光によい季節です。
食文化 承徳は皇帝の避暑地として栄えた為、承徳料理は宮廷料理の流れを汲んでいます。北京の宮廷料理との違いは、山の幸、野生の食材を主に使用するところです。ロバ、鹿や雉肉などを使用した料理は、乾隆帝の時代に作られ始め、今では庶民の味として親しまれています。
主な観光名所 承徳の外八廟承徳の避暑山荘清西陵・清東陵(明・清王朝の皇帝陵墓群)金山嶺長城(長城)山海関(長城)
関連サイト  河北省旅遊網(中国語)


ページの先頭へもどる