トップページ » 主要都市 » 広西チワン族自治区

広西チワン族自治区

面積 約23.67万㎢
区都 南寧市
人口 4,602万6,629人
主な特産品 チワン族の錦織物、合浦の真珠、繍球、桂林三宝「桂林三花酒・乳腐・辣椒醤」、羅漢果、桂林の山水画、桂林の美術陶器、桂林の紙傘
地域の概要 広西チワン族自治区は、南に北部湾を臨む、中国西南地区の重要な輸出入の通路で、周囲は山々に囲まれています。土地全体の面積の半分を石灰石が占めるために、独特のカルスト地形が広く形成されて、特に桂林の山水の美しさは天下に知れ渡っています。多くの少数民族が暮らしていて、中国に住むチワン族のうち90%以上がここに集まっています。
気候 冬は乾燥し夏は湿気が多い。年間通して降水量は多いですが、漓江下りをする場合、冬は水量が減るので遊覧コースが短くなることがあります。日照時間が長く年中快適に観光していただけます。
食文化 他民族が共存しているので、地方料理や軽食も種類が豊富です。チワン族自治区の料理は味わいも色合いも濃厚。煮ものと蒸しものが中心で、しびれるような辛さを好みます。特に山の珍味や狩で得た獲物を料理するのが得意。里芋とバラ肉の料理、ビールフィッシュ、ぎんなんとアヒルの煮込み、イシモチの唐揚げ甘酢ソースなどがおすすめ。竹筒ご飯、桂林ビーフンは伝統的な軽食です。
主な観光名所 漓江下り(象鼻山、盧笛岩、陽朔西街)、世外桃源、印象・劉三姐、龍勝棚田、北海銀灘国家観光リゾート、3月3歌祭り
関連サイト  広西チワン族自治区旅遊局(中国語)
 広西チワン族自治区観光局(日本語)
 ふれあい中国(日本語)
 気楽な中国の旅 桂林中国国際旅行社(日本語)


ページの先頭へもどる