重慶市

面積 約8.24万㎢
人口 2,884万6,170人
主な特産品 漢方生薬(黄蓮、天麻、杜仲など)、果物(大紅袍ミカン、雪梨、沙田ザボン、柿など)、お茶(重慶沱茶、翠坪銀針茶、西農毛尖茶など)
地域の概要 重慶は中国内陸の西南部、四川盆地の東南部、長江と嘉陵江の合流点に位置します。水運を利用した内陸貿易で西部最大の工業都市となっています。1997年に中国第4の中央直轄市に昇格しました。 市街区は半島状の先端にあり、西高東低の地勢で、三方が水に臨み四方を山に囲まれているため「山城」の美称があります。また建物が山の斜面に沿って立っているので高台からの夜景がすばらしい。 美しい山水、素晴らしい夜景、人口に膾炙した三国時代の文化遺跡、繊細で美しい大足石刻、雄大で峻嶮な長江三峡など、数多くの観光スポットや景勝地で内外の観光客を惹きつけています。
気候 気候は湿潤で曇天が多く、霜や雪は少なく、春や秋には川からの水蒸気で霧が立ち込めることから「霧の都」とも呼ばれます。中国三大かまどのひとつで、夏は非常に暑いことで有名。
食文化 辛い辛い火鍋を好んで食します。気温が高ければ高い程、食べる人が増える火鍋。激辛の鍋を食べて汗を出し、蒸し暑さで体に籠った熱を吹き飛ばします。酸菜魚という、鮒を唐辛子、酒粕、野菜の漬物で煮込む料理もこの地の特色料理です。
主な観光名所 大足石刻武隆(南方カルスト)、重慶の夜景、重慶市博物館、重慶市自然博物館、三峡クルーズ、雲陽-張飛廟 白帝城、豊都-鬼城、石宝寨
関連サイト  重慶市旅遊網(中国語)
 中国重慶黄金假期国際旅行社有限公司(日本語)


ページの先頭へもどる